検索基盤(CiNii Research)

検索基盤(CiNii Research)は、公開基盤(WEKO3)や他のデータベースで公開された研究成果を検索するための基盤です。学術論文や図書、研究データなどの研究成果情報、それら成果を生み出した研究者、そして研究プロジェクトの情報などを包括する大規模学術ナレッジグラフを構築する技術を核とする、研究者のニーズに合わせた多様な発見手段を提供する次世代検索サービスです。NIIの提供する学術情報ナビゲータCiNiiにおいて、学術論文や図書、博士論文、研究データの検索機能と並び、学術活動の全体像を探索する機能を、"CiNii Research"として提供します。

近年のオープンサイエンスの考え方では、研究データが再利用されることにより、新たな研究の進展が生まれることが期待されています。短期間に膨大な量のデータが生み出され、「データ集中科学」といった造語も生まれる時代において、より多くの研究データを解析できる環境を生み出すことが、学術の発展に大きく寄与すると考えられています。
実験や観測で研究データを生産した研究者が当該データで既に多様なデータ解析を行っていたとしても、異なる視点や研究テーマを有する研究者がアプローチすると、新しい発見がありえます。特に複数の分野をまたがる学際領域研究や、産業利用によるイノベーションなどにおいて、期待が持たれています。またデータが生産された分野においても、同じ研究領域のデータセットを複数組み合わされることで、より幅広く、深い洞察が可能となってくることが期待されます。

一方、研究データのリユースを促進するためには、研究データを公開するだけでは不十分です。利用者がそれら研究データを発見できるように、適切なメタデータを振ったり、データが利用しやすいようにデータをキュレーションしたりするといった工夫が必要です。こうした作業には、研究データの専門分野の知識だけでなく、研究データを管理する方法論に関する知識やスキルが必要で、国内では大学図書館員やURA(University Research Administrator)、データベース管理者の方々に期待がかかっています。