日本語

RCOSで日本の学術情報基盤を変えよう

オープンサイエンスやデータ駆動型科学を推進すると同時に研究成果の再現性を高めていく。それを支援するフレームワークや共通基盤を研究開発・運用支援することが、我々のミッションです。研究者や大学が必要とするものを、自由な発想で構築して研究者に届けていく仕事は、あなたの人生経験に大きなインパクトを与えるはずです。

RCOSで日本の学術情報基盤を変えよう


世界から学び世界に貢献する

我々は、常に世界最先端の学術情報基盤の動向をウォッチしています。国際会議や海外動向調査で情報を得ることもあれば、世界中の仲間達が我々に最新の情報を提供してくれます。そうした情報をもとに、いま日本に何が必要かを考えて形にしていきます。
研究開発した成果は、できる限りオープンにし、我々も世界に貢献します。国内における研究環境のデジタルデバイドをなくすだけではなく、世界中の研究環境の格差をなくしていくことも、我々が大切にしている活動の一つです。

世界から学び世界に貢献する-1 世界から学び世界に貢献する-2世界から学び世界に貢献する-3


全国の大学や研究機関の中核になる

我々は、常に日本のコミュニティと共に活動しています。大学の基盤センター系のコミュニティであるAXIES(大学ICT推進協議会)や、図書館関係のコミュニティであるJPCOAR(オープンアクセスリポジトリ推進協会)には、我々と密接に関係する部会が設置されています。そうしたコミュニティなどを通して、利用者のニーズや期待を集約し、研究開発に繋げています。
構築したサービスは、全国の大学や研究機関を対象に提供されます。機関リポジトリのクラウドサービスであるJAIRO Cloudは、600機関以上のユーザをもちます。パブリッククラウドの機能を活用した先端の開発・運用技術が必要とされます。Agile、CI/CD、DevOpsを採用しながら、最新の機能を安定的に提供するために、チャレンジングな日々を送っています。


募集情報

現在の募集はありません。