日本語

人材育成基盤

学認LMS
オープンサイエンスを効果的に推進するためには、システムだけではなく研究データ管理人材を如何に育成するかが重要です。学認LMSは、教材コンテンツ共有プラットフォームとして、各機関で学べる研究データ管理教材を提供するとともに、機関ごとに学習者の受講状況を確認できる学習環境を提供する教育基盤です。学認LMSで取り扱う教材は、オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)が作成した教材「研究データ管理サービスの設計と実践」「研究者のための研究データマネジメント」をもとに動画コンテンツとして再編成しています。


支援者として学びたい

「研究データ管理サービスの設計と実践」では、研究データ管理の支援を行うために必要な知識を学ぶことができます。
研究データには、どのように生成され、保存され最終的に再利用されていくのかといったライフサイクルがあります。この講座では、研究データのライフサイクルに沿った形で、サービス設計や研究前の支援、研究中の支援、研究後の支援、そして日常的な支援について学びます。

教材「研究データ管理サービスの設計と実践」第2版


研究者として学びたい

「研究者のための研究データマネジメント」では、大学や研究機関等に所属する研究者が、研究データ管理の各場面に応じて必要な知識を学ぶことができます。また、教材はテーマ別に分割されており、求める知識を効率的に得られるよう工夫されています。

教材「研究者のための研究データマネジメント


自機関受講者の学習を促進・管理したい

学認LMSは、学認フェデレーションと連携したログイン情報をもとに、所属機関ごとの受講者の受講状況を機関担当者に閲覧いただくことを実現しています。これにより、機関担当者が行う計画的な受講管理を支援し、受講者の属性に応じた効率的な教材提供、教材評価を行うための基礎データを提供します。