日本語

データ解析機能

データ解析機能は、研究データを解析するプログラムとその実行環境をパッケージ化し、他の研究者や学生が簡単に再利用できるようにするサービスです。パッケージをGakuNin RDMに保存してグループ内で共有したり、WEKO3やGitHubに保存して他の研究者に提供したりできます。これにより、先行研究の解析手法を容易に再現し、その上に立って発展的な研究をすぐに始めることができるようになります。
現在、実証実験として、Jupyter NotebookやRStudioを含む基本的なデータ解析環境を国内学術機関の研究者向けに提供しています。将来的には、NII RDCにある研究データを大学や研究機関が所有する大型計算機でシームレスに解析できることを目指します。


研究成果の再現性を担保したい

研究者は、論文として発表した成果の信頼性を担保するために、根拠となるデータを公開することが求められています。しかし、データを処理したプログラムも一緒に公開しなければ、他の研究者が成果を再現することはできません。NII RDCのデータ解析機能を使えば、データ処理に用いたプログラムとその実行環境をパッケージ化し、論文とデータに紐付けて、誰でも再現可能な形で公開することができます。


データ分析を共同研究者と分担したい

プログラムを開発・実行するにはハードウェアとミドルウェアを含む実行環境を適切に構築しなければなりませんが、これは多くの研究者にとってハードルの高い作業です。NII RDCのデータ解析機能を使えば、一度構築した実行環境をパッケージ化してGakuNin RDMに保存し、共同研究者や学生が同じ実行環境をワンクリックで再構築することができます。


実習用のプログラミング環境を配布したい

多数の学生や受講者にプログラミング実習をさせる授業やセミナーでは、個々のパソコンに実習環境を構築させるのに多大な労力を要します。NII RDCのデータ分析機能を使えば、受講者のパソコンにソフトウェアをインストールさせる必要がありません。受講者は、講師が作った実習環境をクラウド上にワンクリックで再現し、すぐにJupyter NotebookやRStudioを使った実習を始めることができます。