管理基盤(GakuNin RDM)

管理基盤(GakuNin RDM)は、研究プロジェクト実施中に、個人の研究者あるいは研究グループが研究データや関連の資料を管理するための基盤です。既存のストレージや研究ソフトウェアと連携し、クローズドな空間で、研究プロジェクトに関わるファイルのバージョン管理や、メンバー内でのアクセスコントロールができます。研究公正への対応としての研究証跡を記録する機能や、ファイルを長期保存する機能を有します。学認(GakuNin)を利用する国内学術機関の研究者は、シングルサインオンによる利用が可能となります。RDMは、近年のオープンサイエンスへの流れにおいて要求されるようになってきている「研究データ管理(research data management)」を意味します。

GakuNin RDMの情報システムは、米国NPOのCenter for Open Science (COS) が開発・提供する研究データ管理用のオープンソースソフトウェア Open Science Framework (OSF) を、国内のニーズに即してカスタマイズして提供しています。GakuNin RDMでは、ユーザが関連ファイルを意識的に機関リポジトリである公開基盤にファイルを移動し、公開を承認しないと、公開されないようになっています。同時にNII学認サービスと連携することにより、Shibbolethによるシングルサインオンを可能としています。

近年、情報セキュリティが取りざたされ、機関におけるシステムやデータベースの管理者、一般の研究者は、システムの運用や保守のために多くの時間と労力を割いています。当サービスは、そうした情報システムに関わるレイヤーについて、研究者の研究を支援し、またシステム等の管理者の作業量やコストの軽減を図り、それぞれが本来業務により注力できるようにします。

さらに、複数の研究者による共同研究が拡大するに伴い、外部のパブリッククラウドの無料オンラインストレージの利用が増えていますが、これらはストレージ提供の永続性が保証されないとともに、研究資料の散逸につながり、利用は控えた方がよいと考えられます。本管理基盤では、国内の研究者が安心して研究データや関連の資料を保管できる場を提供します。

なおGakuNin RDM内の研究データ等ファイルや付随する情報は、各学術機関が構成員に提供するストレージに保存されます。学術機関が複数のストレージを用意する場合は、それらを保存先フォルダとして選択できます。この仕組みを実現するために、RCOSは各学術機関の情報基盤センター等と連携をしています。

こうした共通フレームワークとともに、個々の研究プロジェクトのニーズに応じた豊富なツールを提供できるよう、各ユーザが製作したプラグインを共有できるようにする予定です。