日本語

GakuNin RDM(研究データ管理基盤)


GakuninRDM.png (https://rdm.nii.ac.jplink)

GakuNin RDMlinkは、研究プロジェクト実施中に、個人の研究者あるいは研究グループが研究データや関連の資料を管理するための研究データ管理基盤です。既存のストレージや研究ソフトウェアと連携し、クローズドな空間で、研究プロジェクトに関わるファイルのバージョン管理や、メンバー内でのアクセスコントロールができます。研究公正への対応としての研究証跡を記録する機能や、ファイルを保存する機能を有します。RDMは「研究データ管理(research data management)」を意味します。

GakuNin RDM


研究者の研究スタイルを変革したい

GakuNin RDMは、組織を越えた複数の研究者と迅速に研究データの管理・共有ができるため、個々の研究活動だけでなく、共同研究のハブとして、多様な規模や分野の研究プロジェクトにも柔軟に活用することができます。また、研究者がよく利用するクラウドストレージや外部ツールとも連携できる高い拡張性を備えています。本サービスは、学術認証フェデレーション(学認)link等のシングルサインオンにも対応しており、テレワークや出張先からでも、いつもと同じ環境にログインしてサービスを利用できます。


研究不正を防止したい

GakuNin RDMは、第三者の時刻認証事業者のタイムスタンプを用いた証跡管理機能を持ち、システム中に保存されたデータがある時刻に存在したことを証明することができます。このことは、研究公正の観点で強力な機能となります。機関にとっては、共通基盤のシステム上で研究データを一元管理することにより、機関の組織のデータガバナンスを高めることが期待できます。学術機関や公的資金による研究プロジェクトに参加している民間企業であれば、利用申請および認証システムを連携することで、容易に本サービスを組織として導入することができます。