公開基盤(WEKO3)

公開基盤(WEKO3)は、研究者が公開すると判断した研究データや関連の資料を公開するための基盤です。GakuNin-RDMと連携した簡便な操作により、研究者の所属する学術機関が提供する機関リポジトリに関連のファイルを置くことにより、研究成果が公開されます。

オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)と国立情報学研究所(NII)が共同で提供する機関リポジトリのクラウドサービス(JAIRO-Cloud)を利用する機関については、このクラウドストレージにデータが置かれることとなります。DOI(Digital Object Identifier)の付与や学術論文との関係性が記述可能で、研究成果の再利用性がより高まります。公開コンテンツの利用状況を多角的に集計し、登録した研究者にフィードバックする機能も有しています。

JAIRO-Cloudのベースとなる情報システムWEKO2は、主に学術論文等の文書ファイルを保存・公開することを想定に開発されているため、今回の研究データの保存・公開機能の組み込みに伴い、新たな情報システムWEKO3を開発します。WEKO3ではマイクロサービスアーキテクチャを採用し、新たな機能追加の必要が生じたときの拡張性や柔軟性を確保します。欧州原子核研究機構(CERN)で開発・利用されているInvenioという、機関リポジトリ内のデジタルコンテンツを管理するためのオープンソースソフトウェアをベースに、開発予定です。

研究データには、一定の期間を経てから公開されるものや、申請ベースで提供されるもの、利用者や利用ニーズに応じて一部匿名化等の処理を行い提供されるものなどがあるため、研究データ公開基盤にはパブリック空間とともにプライベート空間を用意し、こうしたきめ細かい対応が可能となるようにします。

近年、学術雑誌に論文を投稿する際、その論文のもととなった研究データがオープンに提供されていることが条件となりつつあります。これに対して多くの研究者が、1)学術雑誌が提供するサプリメント、あるいは2)ネット上のフリーのデータリポジトリに研究データを公開してきました。これについては、データリポジトリの永続性が担保されないこと、価値ある研究データが国外に流出すること、商用出版社に研究データを囲い込みされる可能性など、さまざまな問題があります。

本公開基盤WEKO3では、国内の研究予算で研究活動を行う研究者が生産した研究データを安全に国内に保存・公開します。また研究データのデジタルコンテンツに、DOI(Digital Object Identifier)と呼ばれる識別子をふることで、研究論文において研究データが公開されている所在を記述可能とします。研究データの公開の際、ぜひご活用ください。

なお学術論文の根拠となる研究データだけでなく、自身の研究テーマにかかわる研究データ一式を公開する「データ・パブリッシング」の動きも一部の研究者において生まれています。これは、研究データこそが研究成果を生み出す源泉であり、研究成果である学術論文以上に、その研究の素となった研究データの方が大事であるという考え方に基づいています。これに伴い、生産した研究データを、その取得条件や利用方法等とともに記述し、研究論文のように出版できる「データ・ジャーナル(*)」も複数、出版されるようになっています。データ・ジャーナルに投稿されたデータ論文は、このデータを利用して新たな研究を行う研究者が執筆する論文に引用され、研究データを生産した研究者や技術者の研究業績にもつながります。ぜひデータ・パブリッシングの場としても、公開基盤WEKO3をご検討ください。

(*)データ・ジャーナル: Nature - "Scientific Data," Elsevier - "Data in Brief," CODATA - "Data Science Journal," 国立極地研究所- "Polar Data Journal"など