日本語

データガバナンス機能

NII DMP System(仮)は、研究データ管理の計画と執行、モニタリングを組織的に実現するための研究データガバナンス基盤です。データガバナンスとは、研究データを組織の知的資産としていかに生産し、保管し、利用していくかを統制(計画し、執行し、モニタリング)することです。研究者の計画計画に応じてNII RDCの他基盤を使った研究データ環境を自動的にセットアップすることを可能にします。また、組織が研究データ管理状況をモニタリングし、コンプライアンスチェックに活かすこともできます。


研究データ環境を気軽に整備したい

研究データの管理・活用・公開を実現するには、研究者が自身の研究データ管理計画に沿って適切なソフトウェアやストレージを選択する必要があります。また、その際には所属機関や研究助成機関が提示するデータポリシーに沿う必要があり、研究者に多くの知識と手間、判断を要求することになります。そこで、研究データ基盤が、研究者が守るべきポリシーと計画を理解し、条件に合致するツールやストレージを自動的に選定・構成することができれば、研究の効率化と研究公正の両方を促進することができます。NII DMP System(仮)は、研究者が研究データ管理計画を簡単に作成する機能を提供すると共に、NII RDCの他基盤を使った研究データ環境を自動的にセットアップすることを可能にします。


所属研究者の研究データ管理状況をモニタリングしたい

データガバナンスを実現するには、学術機関が継続的に所属研究者の研究データ管理状況をモニタリングし、組織内の資産としてどのような研究データが生成され、管理され、公開され、再利用されているかを把握する必要があります。こうした作業を人手により確認する作業は、機関にとっても研究者にとっても多大な負担になります。そこで、データガバナンス基盤は研究データ環境から半自動的に研究データ情報を収集し、統計情報の生成やレポートの生成を支援することを目指します。また、収集したデータ資産の情報を学術機関の経営や情報インフラの調達に活かすなど、学術機関のさらなる発展を促すことを志向します。