Japan Open Science Summit 2018 (JOSS2018) を開催します(2018.6.18-19)

2018.05.14
EVENT

オープンサイエンスに関わる全てのステークホルダーに参加いただく情報共有の場として、以下の要領で、「Japan Open Science Summit2018(JOSS2018)」を開催致します。

政策とポリシー、インフラ整備と運用、研究分野ケーススタディ、認証と品質保証、市民科学といった、多岐にわたるテーマを取り扱い、大きな展開が期待されるオープンサイエンスの現状把握や、今後の展開を知るうえで見逃せないセッションを企画しております。
皆さま奮ってご参加下さい。当日お会いできることを楽しみにしております。

【日時】 6月18日(月)、19日(火)10時00分~18時00分
【場所】 学術総合センター 一橋講堂 他(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)
【主催】 国立情報学研究所、科学技術振興機構、物質・材料研究機構、
     科学技術・学術政策研究所、情報通信研究機構、学術資源リポジトリ協議会
【申込】 https://joss.rcos.nii.ac.jp/(事前申し込み要・入場無料)

【概要】
近年、論文だけでなく、研究データやソフトウェアなどもインターネット上などで社会一般に広く公開・共有するオープンサイエンスが、新しい研究の進め方として注目されています。
オープンサイエンスは、他の研究グループによる研究データの再利用により重複した実験の削減や、研究の効率化と生産性の向上に加え、研究成果の質や透明性の確保にも貢献します。
さらに、市民等が科学に参加することで社会全体のイノベーションシステムを変革する枠組みとしても期待されており、研究データを積極的に公開していくことは研究者の責務となりつつあります。
今回開催する「JOSS 2018」は、国内においてオープンサイエンスの推進や利用に関係する研究者や市民科学団体、図書館やリサーチ・アドミニストレータなどの研究支援組織、政策立案者、基盤開発者など、オープンサイエンスに関わる全てのステークホルダーが一堂に会する日本最大級のカンファレンスですので、是非皆様ご参加くださいますようお願い致します。