NIIオープンサイエンス基盤利用のメリット

NIIオープンサイエンス基盤は、研究者の行う研究活動の研究ライフサイクルに沿って利用されます。研究の着想を得るために検索基盤(CiNii Research)で自身の研究テーマに関連する資料を調べ、研究実施時に共同研究者と管理基盤(GakuNin RDM)でファイル等を管理し、研究終了時に公開基盤(WEKO3)にて学術論文や研究データを公開します。

一方、これが様々な学術資源を管理・公開する情報基盤となることから、大学等における情報基盤センター等データ管理者や、大学図書館などの業務にも役立ちます。また学術機関の関係者だけでなく、産業や一般の方々もここで公開される様々な学術資源の利用が可能となります。

【利用者別メリット】

研究者にとってのメリット

管理基盤(GakuNin RDM)は研究活動を行う際の、さまざまなファイル管理の場としてご利用ください。自動でバージョン管理がされ、また共同研究者等のアクセスコントロールが可能となっています。ファイルは本管理基盤を通して、大学の用意するストレージに長期に保存され、データの散逸を防ぐことが可能となります。ファイルの変更履歴も残るため、研究証跡の記録にも役立ちます。

一つの研究テーマが終了したら、ファイルを簡単に公開基盤(WEKO3)に移し、研究論文や研究データの公開が可能です。学術雑誌から、論文の裏付けデータ等の公開が要求されている場合などにご利用ください。研究論文は、学術雑誌側のエンバーゴ期間を経たら、公開基盤(WEKO3)を通じてオープンアクセスにし、多くの人に読んでもらいましょう。同時に検索基盤(CiNii Research)を通じて、自身でもさまざまな学術資源を検索し、研究の着想を得るのに利用しましょう。
なお本NIIオープンサイエンス基盤の運用は大学等により異なりますので、利用方法などはご所属の情報基盤センター等にご確認ください。


データ管理者(情報基盤センター、DB管理者等)にとってのメリット

学内あるいは研究コミュニティにおけるファイル管理の情報基盤として導入をご検討ください。NIIオープンサイエンス基盤は、NIIが提供する学認サービスとも連携し、国内の学術機関に所属する研究者の情報管理と情報アクセスを安全に管理します。ファイルのバージョン管理も自動的に行われます。近年重要度を増している研究証跡の記録に役立てられます。
なおファイル等は大学が用意するストレージに保存されます。NIIオープンサイエンス基盤へのストレージの連結や学内利用者の管理については、ご協力ください。


大学図書館にとってのメリット

学内で生産される学術論文や研究データ等の研究成果物の公開の場としての利用をご検討ください。研究活動中から管理基盤を利用する研究者は、公開するファイルを容易に公開基盤へ移すことができます。ただし学術資源がリユースされるよう検索可能となるためには、検索キーとなるメタデータを付与する作業が必要です。研究者への学術資源の公開への呼びかけとともに、メタデータ付与等の研究支援に、ご協力ください。


大学等学術機関にとってのメリット

学内のさまざま情報資源の安全な保存・管理および、大学等の研究成果発信の場として、NIIオープンサイエンス基盤の利用が可能です。本管理基盤(GakuNin RDM)は、昨今の情報セキュリティや研究データ10年保存ルールなどの時代の要請に確実に応えます。また公開基盤(WEKO3)と検索基盤(CiNii Research)は、大学で生産された学術資源をインターネット上で公開する効果的な手段で、大学からの研究発信に役立ちます。同時に、大学による、学内で生産された研究成果の把握に役立てることもできます。


産業や一般社会にとってのメリット

国内で生産されたさまざまな学術資源(研究論文、研究データ等)にアクセスできます。大学等ではさまざまな研究がなされており、利用者ごとの関心に応じた情報がきっと見つかるはずです。学術資源を媒体として、研究者と現場のニーズが結びつくことで、地域の問題解決や産業上の技術開発など、多様な場面における新たな進展が期待されています。


国にとってのメリット

大学等国内の学術機関の研究活動は、国の研究開発予算により支えられています。こうした研究活動により生産される学術資源は貴重な国家財産ですが、物理的形状をとらず電子ファイルに記録されるデジタル時代の学術資源は、散逸の危機にさらされています。また研究活動実施中においても、これら電子ファイルは、さまざまな情報攻撃にさらされています。国内で生産された学術資源を守る情報基盤を用意し、これら学術資源の散逸や国外流出を防ぐことは、国として望ましく、また責務でもあります。